母の事

母が逝って15日経ちました。
7日ごとの法要の日に、身の回りの物を整理したり・・。

はぁ~・・、本当にいなくなっちゃったんだね・・・
だんだん寂しさがやってきています。





c0221281_22544632.jpg






母の事、書いておきたい気持ちが湧いてきて・・・

自慢の母でした。
自慢話なので(笑) スルーして下さい。



母は音楽と国語の教師をしていました。
定年の少し前に退職してから
いろいろ、いろいろ、いろ~んなことに挑戦していました。

焼き物やレザークラフトや木彫りなんかもやっていましたが
特に熱心だったのが七宝焼きでした。

2台の電気の窯をフル活動、ブローチ、指輪等、装飾品から
次第に大きな額絵まで作るようになり
同時に七宝のために、絵やデザインの教室へ通っていました。

自宅の一部屋は七宝教室となり、
いつもお友達でいっぱいで、いかに楽しいかを解ってもらいたい一心のようでした。


c0221281_13552138.jpg



既成の、七宝焼きらしい作品では飽き足らずに
まったくのオリジナルで、これも勉強に通った彫金と組み合わせたり・・


左は、ツタの葉の形に銅版をカットして
紅葉した色を七宝で表現した額絵です。
かなりの枚数に細かい作業を施してあり、本人も自信の作だと思います。

家族も呆れるほど熱心で、本当に生き生きと楽しそうでした。

そんな中でも、父やお友達と海外まで旅行を楽しんだり・・・




思う存分にやって気が済んだのか、
七宝焼きをあっさりと辞めた後は
お三味線から長唄へ
これもまた、結構、ハマっていたようです。

かなりの音感を持っていた母は、
山鳩の鳴き声を楽譜に起こしたり
遠くに聞こえる中学校のチャイムの音色に、
『電池が切れそうなのかな、今日はちょっと狂ってる・・』
なんて言ったりしていましたが、回りの人にはわかりません・・・。



音楽が心の真ん中にあった母
色々な場面でピアノを弾いたり、頼まれていくつかの作曲をしたり・・・
昨年もデイケアの施設の敬老の日には、ピアノの伴奏をしていました。

母のお別れの式では
フルートを吹いて下さる方がいらっしゃって
澄みきった美しい音色の伴奏で、『故郷』の大合唱となりました。

『故郷』 
この歌を聴くと母のことも思い出してしまうだろなぁ・・と思います。

                                          ・・・続きます




≪今日のにゃん≫

わんぱくビーノ

c0221281_21592142.jpg



一番体が大きくて食いしん坊~♪
誰より素早くフードを食べ始め、みんなの食べ残しもガッツリ食べてしまいます。

網戸の向こうから猫パンチ!!
とても遊び好きで、だーっと駆けて木に登ったり、一人でも何ででもよく遊んでいます。

声を出すことのない密やかなにゃん達の中で
ビーノは、唯一、鳴きます!

もう、それはそれは、小さくてか細い、可愛い声です。
デカい体と態度に、全然似合わないよ、ビーノ!(笑)




___________________________________
[PR]
by meimu09 | 2013-10-07 14:13 | お友達・家族・お出かけ・その他

隠れ家芽衣夢 メイママの気ままなブログ


by meimu09
プロフィールを見る
画像一覧